ボトックス小顔効果【注射するだけですから後遺症なども残りにくい】

女性

角張った顔をスッキリと

顔を触る人

手軽で効果的な施術

顔が大きいことにコンプレックスを持っている方は、ボトックス小顔術で解消できる場合があります。特に顔の横幅が広く、エラが張って見える方にはボトックス小顔術が有効です。エラの張り出しは骨格が原因の場合もありますが、咬筋という筋肉が発達しすぎていることも原因になります。咬筋は耳の下から顎にかけて付いている筋肉で、歯を強く噛みしめると硬く張り出します。歯ぎしりをする癖のある方は、咬筋が発達しやすいので注意が必要です。ボトックス小顔術では、咬筋の部分にボツリヌストキシンという薬剤を注射します。この薬剤は筋肉の緊張を弛める作用があり、エラの張り出しを予防する効果が期待できます。顎を動かす筋肉は咬筋以外にもあるため、食べ物が噛めなくなったりする心配はありません。ボトックス注射の有効期間は半年ほどなので、効き目が切れたら再び施術を行います。使わない筋肉は次第に痩せていくため、ボトックス注射を5〜6回ほど繰り返すうちに、咬筋は縮小して目立たなくなります。つまり半永久的に小顔効果が期待できるというわけです。ボツリヌストキシンは高濃度では食中毒の原因にもなりますが、薬剤に使用されるのは極めて低い濃度で安全性が確保されています。治療薬としてのボトックスは世界80か国以上で承認され、美容目的だけでも一千万人以上の使用実績があります。日本の厚生労働省も美容目的での使用を認可している薬剤です。もちろん医師には高度な技術が求められるため、正規の講習を受けた医師だけが施術できることになっています。ボトックス小顔術の大きなメリットは、手軽で体への負担が少ないのに即効性と持続性があることでしょう。マッサージや整体術などの負担は軽いものの、水分によるむくみを取るだけなので効果は一時的です。ダイエットで顔だけを小さくするのは難しく、必要のない部分まで痩せてしまうことがあります。一方で顎の骨や頬骨を削る手術は、効果は半永久的に続きますが体へのダメージも大きく、完成するまでの期間も長いし傷跡が心配な方も多いでしょう。ボトックス小顔術は注射をするだけで、施術時間は10分ほどで終わりますしダウンタイムもほとんどありません。もちろん極端に骨格が張り出している方や脂肪太りの方には向きませんが、ほとんどの場合は咬筋が痩せるだけでも大きな小顔効果が実感できるものです。たとえ期待どおりにならなくても効果は半年ほどで切れ、取り返しがつかなくなることはないので、気軽に試せるプチ整形のひとつと言えます。1回あたりの費用がそれほどかからないことも、人気の理由となっています。現在では大部分の美容外科クリニックでボトックス小顔術を受けることができます。予約なしで即日施術をしてもらうことも可能ですが、いろいろな疑問や不安を解消するためにも、じっくりとカウンセリングを受けることをお勧めします。ボトックスが向いていないと判断されても、照射系のマシンや脂肪吸引などによる小顔術が効果的な場合があります。クリニックによってメニューや料金が異なるので、まずは電話やメールで相談してみると良いでしょう。